TOP > 畜産環境研究開発事業 研究開発事業概要

畜産環境研究開発
研究開発事業概要

畜産環境整備機構では、畜産環境保全に係る研究開発を推進するため、畜産環境技術研究所を中心にして以下の事業に取り組んでおります。その概要を紹介します。

堆肥施用による被災地の畑地・水田の地力回復等効果の持続性追跡調査事業(平成28~29年度)

持続的な畜産経営確立のための環境対策等調査事業(平成28~30年度)

堆肥利用の困難な馬ふんの燃焼利用調査事業(平成27~29年度)

硝酸性窒素等規制強化対応高度浄化処理技術開発普及事業(平成27~29年度)

BMP(最適管理手法)活用畜産悪臭苦情軽減技術開発普及事業(平成26~28年度)

これまでに実施した研究開発事業(平成7~26年度)

(注意)
これらの研究成果の詳細は、研究開発情報サイトの畜産環境技術研究所年報(1~10号)及び開発普及事業成果情報集でご覧になれます。
マニュアル等の研究成果は、「これまでに実施した研究開発事業」からリンクでご覧になれます。

その他に(外部機関から委託を受けて実施した研究開発)があります。

畜舎への発酵微生物の応用と飼育環境への有効性評価(平成20~22年度)
ページの一番上へ戻る